保管の仕方 乾燥

ウィッグ乾燥

ウィッグの保管の仕方は、まずよく乾燥させましょう。シャンプー洗いしてからしっかり乾かすのはもちろんですが、装着しているうちにかいた汗が染みていたり飲み物などで濡れてしまったり、ウィッグが水気を帯びる機会は意外と多いものです。そのため、保管の前にはしっかり乾かさなければなりません。

 

乾燥を怠って保管してしまうと、カビが生えたりウィッグの劣化・寿命が縮むことに繋がります。ショップで販売されているウィッグスタンドなどを活用して上手に乾かしましょう。なお、乾かす際には直射日光に当てず風通しのいい日陰(室内)で乾かします。

 

保管の仕方 カールのキツイものについて

 

カールウィッグの保管の仕方には特に気をつけなければなりません。ストレートウィッグとは異なり髪型がセットされているので、それを崩さないように保管します。ウィッグスタンドに掛けておいて保管する際は毛先が宙にぶら下がっている状態にすることは絶対に止めましょう。せっかくのカール部分が伸びてしまいます。カバーネットをかけ、ビニールパックに入れて収納する際も上から圧力をかけるようなことは避けたほうがいいです。これも髪型の崩れに繋がってしまいます。ウィッグは湿気が少なく、直射日光の当たらない涼しい場所に保管しましょう。

 

フルウイッグで地毛が傷まないで、ショートヘアアレンジ。

 

 

私、髪をすごく大切にしていて、カラーもパーマもしてないんです。
傷みやすくて、それが嫌なので。でも、気分転換したいし、たまにまイメチェンもしたい。

 

そこで、ウィッグ 通販で買ってみました。
自分では勇気が出ない、ショートのふあゆるパーマ。オレンジっぽいブラウンのカラーで。

 

すごくかわいいし、普段の自分と全然違うのですごく気分転換になります!
なにより、地毛が傷まないのがいいです。
ショートにしてパーマして、さらにカラーまでしたら、きっと地毛だとすごく傷んでしまう。
その心配もなく、しかもお手軽に、地毛をささっとウイッグネットで隠してフルウイッグをかぶればいいだけなので、すごく簡単です。
朝の支度が、5分で出来ちゃうので、職場にもつけていってます。
すごく好評で、うれしいです。

こんなに大切なウィッグを長持ちさせるためには、大切に保管することは大切です。
そのためには正しい保管方法をしっかり知っておかなくてはいけません。
髪の毛と一緒で扱い方を間違えると、取り返しのつかないことになりかねません。

 

 

人口毛抜け毛対策

ウィッグの保管について

 

ここ数年で日本アニメが世界中で流行し、アニメキャラクターになりきるコスプレイヤーが一気に増えてきました。

 

そこで活躍するウィッグはデザイン、カラーバリエーションともに豊富となってきました。
今回、ロングヘアのウィッグの抜け毛・毛の絡まりの防止、対処法を紹介します。

 

まず、ウィッグを購入して最初にウィッグ専用のヘアスプレーを髪全体に万遍なくふりかけ、丁寧に毛先から徐々に根元のほうへと髪をとかします。ここで簡単に抜けてしまう毛を処理してしまいます。専用スプレーを使えば髪に艶を出すことも可能ですが、手元にない場合は、静電気防止スプレーを代用し、コットンに少量のオリーブ油を塗りましょう。

 

また、使用後の処理として、バケツにシャンプーとリンスを2:1の割合で溶かし入れ、その中にウィッグを入れて軽く揉んだ後、シャンプーをすすぎ、今度は柔軟剤を溶かしたお湯に1時間ほど漬け込んで洗います。すすぐときは軽く手櫛でとかしながらすすぎましょう。
最後にタオルで叩くように水けをきり乾燥させます。
この時、毛にくせがある場合耐熱性のものであればヘアアイロンでくせを取ることをおすすめします。